発達障害・自閉症スペクトラムに特化した子ども・大人のサポートセンター。大阪東大阪。療育・就労支援・生活支援・相談など

ピュアソーシャルスキルクラブ

social

ピュアソーシャルスキルクラブ

児童発達支援・放課後等デイサービス 小グループ療育(対象年齢 18歳まで)

4〜8名の小グループで活動

発達障害・自閉スペクトラム症のお子様の認知レベルや相性などを考えて小グループを編成。友達との関わりの中で、コミュニケーション力や人との関わり方の方法(ソーシャルスキル)などを身につけていきます。

ピュアソーシャルスキルクラブの特徴

自分たちで活動を決める


クッキング、工作、外出、いっしょに食事など、何をするのかをお子様たちが話し合って決め「自分で選んで活動する」ことが基本です。

コミュニケーションスキルやソーシャルスキルを学ぶ


活動を通じて、ルールを守る、順番を待つ、友達と協力し合う、友達とのコミュニケーションを図る、感情を抑制しコントロールするなどといったスキルを学びます。

特性に合わせた支援ツールを使用


集団で活動したからといって、対人社会性が自然と身につくわけではありません。スキルをしっかり身につけられるよう、お子様の特性に合わせた構造化のアイデア(見える化した工夫)を用いて、ソーシャルスキルトレーニングやコミュニケーションスキル、ライフスキルの支援を行います。

活動内容のご紹介(一例)

みんなでクッキング


チーズフォンデュや手巻き寿司、ホットケーキなど作りたいおやつをグループで話し合い、材料のお買い物や準備もお子様達に実際に行っていただきます。お買い物の手順はもちろん、「グループでの話し合い方」や「手順書を見て自ら進んで取り組む力」「ルールを守る力」などを身につけられます。

かくれんぼや宝探し等のゲームあそび


ゲームを通して遊びながら「提示されたルールを守る」「みんなと協力し合う」「勝ち負けでの感情をコントロールする」など、ソーシャルスキルを身につけられます。

トークンエコノミー(ポイントシート)を用いて自信をつける


「ルールを守ることができた!」「適切な方法でコミュニケーションをとることができた」「他の子に暴言ではなく応援ができた」など、お子様の良い行動にシールを貼り、視覚的に褒めていきます。自信が高まっていくと、お子様自身が「良い行動をしよう!」という動機付けや、「新しいことに取り組んでみよう!」というチャレンジ精神などに繋がります。

こんなサポートをします


ピュアにいるときだけではなく、学んだことが家庭や学校に繋がっていけるよう、ご家族の方と日常や学校の様子等を話す時間を毎回設けています。

動画ページ

見学会、開いています

施設見学会を行っています。ピュアで行われていることを、ぜひ五感でご体験ください。

お申し込みはここをクリック

garary_supp

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.