• お問い合わせ
  • アクセス
  • サイトマップ
お問い合わせ

ワークショップの内容

「見え方の違い」「聞こえ方の違い」「感じ方の違い」「不器用さ」「器用さ」などの疑似体験や寸劇を行って、発達障害・自閉症への理解を広めています。クリアファイルやプロジャクター、紙、鉛筆、箱、軍手、教科書、鉛筆など様々な道具を使って楽しみながら行っていただきます。

もちろん、ご依頼内容に合わせて授業を作らせて頂きます。

例えば・・・
「思い込みがはげしい生徒がいるので、その子との関わり方を示してほしい」
「授業のにぎやかさがどのように辛いのか教えてあげてほしい」
などといったご要望でも構いません。

このワークショップから、「なぜ??」「どうして??」と分かりにくかったことが、 明確になるかもしれません。

また、体験授業以外には・・・・

教員研修では

「学校での支援の仕方」
「クラス環境づくり」
「一人で集中して行う自立課題」
「発達障害・自閉症とは」

など様々な内容もお話させていただいております。
写真や映像、事例などをたくさん含めながらわかりやすい内容にしています。

研修内容についてはNPO法人ピュアまでご相談ください。

このページの先頭に