• お問い合わせ
  • アクセス
  • サイトマップ
お問い合わせ

東種産業株式会社様での清掃作業実習

清掃実習に行く前に、イラストや文字、iPad等を使って、手順や場所の様子を見ていただき、先に見通しを立ててから、実習に行って頂いています。

発達障害(自閉症やアスペルガー症候群、LD、ADHD等)の方の中には、見通しが立たず、不安で初めての場所に行けないこともあります。

そのため、下記のような目で見てわかりやすい工夫を行うことで、安心して初めての場所でも作業を行うことが出来ます。

 

 

 

 

 

利用者さんであるAくんは、今回初めて清掃実習に行きましたが、上記のような視覚的支援を用いることで、落ち着いて清掃に取り組むことが出来ました。

また、iPadで映像を用いた手順を清掃の場で示すことで、学んだとおり隅々まで丁寧に清掃を行ってくれました。

 

 

 

 

 

掃除が終わった際には、PECS(絵カード交換式コミュニケーションシステム)の方法を用いて絵カードで文章を組み立て、「しごと できました かくにん してください」と自発的に報告を行うことができています。

自閉症の方のうち、自発的に相手にコミュニケーションをすることを苦手としている方が多いですが、PECSによるコミュニケーション支援を行っていくことで自発的に相手に伝えることができるようになります。

 

 

 

 

ご本人さんも達成感があったのか、ニコニコした満足した表情をされておりました。今後も、その方に合わせた就労支援を行いながら継続していきたいと思います。

このページの先頭に