発達障害・自閉症スペクトラムに特化した子ども・大人のサポートセンター。大阪東大阪。療育・就労支援・生活支援・相談など

理事長挨拶

riji

発達障害の方の「やりたい」をサポートする

その仕組みがあることが、ピュアの

最大の強みです

NPO法人発達障害サポートセンターピュアは、発達障害をもつたくさんの子どもたちに「伝わる喜び」「分かり合えるうれしさ」「つながり合って生きる幸せ」を感じてほしいという強い願いから生まれました。

わたしたちが行っているサポートは「本人中心の支援」です。障害者支援では、障害をもつ本人の希望より、ご家族の方々が「こうなってほしい、これができるようになってほしい」という希望が先立つことがよくあります。わたし自身、発達障害の子をもつ母親なので、そういったご家族の気持ちは痛いほどわかります。しかし、障害をもつ人が主体性をもって社会と関わっていくためには、ご本人自身が「やりたい」を伸ばすことが重要だと考えています。

発達障害のある方は、問題の現れ方が一人ひとり違います。その表面的なところに着目するのではなく、強みを伸ばし、弱みとなるところをカバーする支援と技術をご提供しています。いまでこそ発達障害は世に知られはじめていますが、なかなか気づかれにくく、分かりづらい一面があります。ですが、周囲からの理解と適切な支援が得られれば、障害を「障害」ととらえることなく、「個性」として生かせる方もたくさんおられます。

私たちの強みは、乳幼児期や学齢期といったこども期だけでなく、子どもから大人になる青年期、さらには社会とつながる成人期、社会の中で生涯を送る壮年期と、途切れることなく支援をご提供できる「一貫支援」の仕組みを構築しているところです。この仕組みや手法を、ピュアだけで独占するつもりはありません。全国に広げ、あちこちで活用していただきたいと思っています。そうすることが、発達障害に悩む人を助けることになると信じています。

もしもピュアの仕組みや手法を必要としている人がいたら、喜んでお届けしたいと思っています。ともにつながり生きてくれるスタッフ、地域の方々、保護者や家族の方々、こうしたさまざまな皆さまと手を結び、ピュアの輪を大きく広げていきたいと考えています。

自閉症スペクトラム支援士
理事長 檜尾めぐみ

理事長 檜尾めぐみ プロフィール

【経歴等】
・NPO法人発達障害サポートセンターピュア 理事長
・自閉症スペクトラム支援士
・相談支援専門員

【東大阪市との協働事業等】
・平成20年度      東大阪市発達障害児(者)支援システム構築プロジェクト
モデル事業検討委員
・平成20年度      東大阪市第2期障害福祉計画・新障害者プラン後期計画策定・懇話会委員
・平成21年度      東大阪市発達障害児(者)支援の在り方検討会委員
・平成22~25年度    東大阪市自立支援協議会発達障害就労部会分科会委員
・平成23年度     東大阪市第3期障害福祉計画策定懇話会委員
・平成23年度     東大阪市自立支援協議会子ども部会分科会委員
・平成23年度     東大阪市第3期障害福祉計画策定懇話会委員
・平成23~26年度    東大阪市自立支援協議会子ども部会発達障害サポートシート分科会座長
・平成25年度     東大阪市障害者計画策定懇話会委員
・平成26年度     東大阪市第4期障害福祉計画策定懇話会委員
・平成26年度     東大阪市自立支援協議会発達障害部会準備会委員
・平成27~29年度    東大阪市自立支援協議会発達障害部会部会長

【学会発表】
●日本自閉症スペクトラム学会
・平成19年「AAPEPによるアセスメントと自閉症のコミュニケーションについて」
・平成22年「自閉症の青年期(自発的なコミュニケーション手段の獲得による
プロンプト依存からの脱却)」
・平成23年「NPO法人による自閉症スペクトラム児への自立生活支援~子ども主
体のプログラムによる家庭や地域での自立を目指して~」
・平成24年「激しい自傷行為がある自閉症スペクトラム児へのPECSの応用」
・平成25年「指示待ち傾向の高い自閉症青年へのコミュニケーション支援
~学齢期から成人期において、地域社会での一貫した支援を~」
・平成29年「ある自閉スペクトラム症青年への就労支援における一考察」
・平成30年「自閉スペクトラム症を持つ高校生のアルバイト体験プログラム~将来的な地域での職業生活を送るために~」

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.